開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

git stashで変更を一時的に退避する。git stash まとめ。

最終更新:2017-07-03 by Joe

ブランチを切り替えながら作業していると、いったん、別のブランチで別の修正を行いたくなることがあります。

そんなとき、変更内容をいったん退避する(別の場所に寄せておく)ためのコマンドです。

変更を一時的に退避するgit stash

コマンドはすごく簡単です。stashとは「〜を隠す」という意味です。

// 変更を退避する
git stash
git stash save // 同義

git stashの振る舞い

git stashを実行すると、インデックスもろとも、完全に脇にどけてしまいます。

脇に寄せた変更を取り戻す

脇にどけたstashを取り戻すには「apply」を使います。

// どけた変更を取り戻す
git stash apply <commit>

commitを指定しないと、自動的に最新のstashコミットをとってきます。インデックスと作業ツリーを、寄せた状態にもどしますので、コミットがなされることはありません。

いらなくなったstashを削除する

git stash drop <commit>

すべてのstashをリストする

git stash list

git stash参考リンク

 

閉じる