開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

Chromeのキャッシュを完全に削除する方法。

最終更新:2017-08-06 by Joe

よくウェブ開発で問題になる、Google Chromeのキャッシュを完全に削除する方法をまとめました。

Chromeのキャッシュを完全に削除する方法

下記の方法で完全なキャッシュの削除が可能です。

キャッシュを完全に削除する手順:

  1. Chromeの設定 [ ︙ ] をクリック
  2. [その他のツール] > [閲覧履歴の消去] を選択
  3. 閲覧履歴の消去パネルが開くので、任意の [期間] を選択
  4. [キャッシュされた画像とファイル] をチェック
  5. [閲覧履歴データを消去する] ボタンをクリック

詳細:

1)ウィンドウの右上の方にある、Chromeの設定アイコン[ ︙ ]をクリックします。

2)[その他のツール] > [閲覧履歴の消去]と進みます。

Chromeで、キャッシュの削除するためのUIを呼び出すステップ

3)履歴の消去パネルがポップアップします。任意の[期間]を選択します。

4)[キャッシュされた画像とファイル]をチェックして・・、

キャッシュの削除をチェックする

5)最後に[閲覧履歴データを消去する]を選択します。

 

「期間」のプルダウンに関しては、削除する時間範囲を任意に限定できます。完全に空っぽにするには「最初から」を選ぶ必要があります。この操作により、動的にスクリプトから読み込まれたファイルも含めて、本当に完全にキャッシュをクリアして、空っぽにしてくれます。

ちなみにですが、この「閲覧履歴の消去画面」ポップアップを呼び出すのに、下記ショートカットも使えるようです。頻繁に使う人は覚えておくと便利だと思います。

Chromeの [閲覧履歴の消去] パネルを開くショートカット

なお、このポップアップでは他にも、「閲覧履歴」や、「クッキーの情報」など、いろいろな種類のキャッシュをクリアできます。

キャッシュをクリアするリロードのショートカット

スーパーリロードと呼ばれるこの方法では、「現在のページから参照されている外部ファイルに関しては、キャッシュを無視してリロードする」が実現できます。既存のファイルキャッシュも破棄され、更新されます。

スーパーリロードのショートカット

この操作で、そのページから参照されている最新の外部ファイルを取得し、Chromeに残っている古いキャッシュを削除できます。

ただし、スーパーリロードでは、まだキャッシュを使っている可能性は残るので注意が必要です。例えば、ページ上で実行されるJavascriptから動的に読み込まれるファイルなどは、スーパーリロードの範疇ではないのです。

そんな場合は、多少めんどうですが、上記の完全なキャッシュ削除を行いましょう。

参考

キャッシュの完全な削除に関して、より詳しい解説は、ぜひこちらの記事を御覧ください。