開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

Googleスプレッドシートで「セルを削除」の操作は可能か?

最終更新:2017-03-26 by Joe

普段エクセルを使っていると、Google Spreadsheetでの作業時に、機能性の違いに戸惑うことはよくあると思います。

その違いの一つが「セルの削除」です。

Google Spreadsheetで、「セルを削除」ができるか?

結論からですが、Google Spreadsheetに「セルを削除する」操作は、残念ながら存在しません。

エクセルにおいては、以下のようなダイアログで「1つのセルを削除して、列、または行をシフトさせる」操作ができたのでした。

 

「セルを削除する」代わりの方法は?

「セルを削除する」の代わりの操作としては、単純ですが「範囲を選択して、カット&ペーストする」で対応するのが妥当だと思います。それではやってみます。

1)セルの範囲選択

「範囲の選択」の際は、ぜひ、ショートカットキーを使いましょう。

Command + Shift + 矢印キー

「Shift + 矢印キー」で、選択する範囲を広げられるのはよく知られていると思います。

これに加えて「Command +  矢印キー」というショートカットは「矢印の方向に向かって、セルの値が見つかる限りの範囲で選択する」というショートカットです。

上記はこの2つを組み合わせたショートカットです。

実例です。「ライオンのセルを削除して、上方向に詰める」を行うとすれば、

「ゾウ 〜 きつね」を範囲選択します。

ゾウにカーソルを合わせて・・・

「Command + Shift + ↓」で選択・・・

2)選択範囲のセルを切り抜いて、貼り付ける

あとは簡単ですね、選択したセルを切り抜き(カット)ます。ここもショートカットキーで行ってみましょう。

「Command + x」 でカットして・・・

ライオンのセルにカーソルを合わせて「Command + v」で貼り付け。

以上で「セルを削除して上に詰める」がスムーズに実現できました。

範囲が広い時は、カーソル移動がしんどいので、このショートカットは必須だと思います。

以上です。ありがとうございました。

 

 

 

閉じる