HTMLタグ辞典

実践に役立つオリジナルHTMLタグ辞典。
HTMLタグ

body

body要素

body要素は、HTMLドキュメント内に唯一存在し、実際に読み手に表示するすべての要素を内包します。この要素の中に配置する<h1>, <h2>, <h3>, .. などの「見出し要素」が、文書全体の意味合いに大きな影響を与えます。見出し要素のテキストがSEO上、重要な意味を持つことはよく知られていると思います。(もちろん、それ以外のテキストも影響します)

アウトラインについて

上述の通り、body内部にそのドキュメントのアウトラインが記述されます。最もシンプルなアウトラインは<h1>, <h2>, <h3>, .. などの「見出し要素」によって形成されます。詳細は<h1>をお読み下さい。

「セクショニング」について

body要素は「セクショニングルート」の一つです。セクショニングルートは、独立したアウトライン(コンテンツの単位)を形成できます。セクショニングルートの内部に<h1>などの見出し要素を配置しても、その要素の親のアウトラインに対して影響を与えない、と定義されています。

body要素はHTMLドキュメントのコンテンツでは通常、最も外側に配置されますので、その親に、セクションを形成する親要素を持つことはありません。それ以外セクショニングルートには、blockquote, fieldset, figure, td要素などがあります。

テーブル要素であるtdを除けば、これらの要素は必ずしもよく利用するHTMLタグではないかもしれませんが、高度なHTMLドキュメント編集を行う際は、この概念は念頭においておく必要があるでしょう。

body要素の記述例

html要素の直下に一つだけ配置します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  ...
</head>
<body>
 <h1>body要素の使い方</h1>
 <p>HTMLに一つだけ存在します</p>
</body>
</html>

 

 

 

閉じる