HTMLタグ辞典

実践に役立つオリジナルHTMLタグ辞典。
HTMLタグ

form

formの使い方

form要素は、いわゆるフォームに関連する要素をまとめます。幾つかのフォーム関連要素はユーザによって編集が可能で、またそのデータをHTTPでサーバーに送信する機能を持ちます。

一般的なフォーム関連要素に、チェックボックス、ラジオボタン、テキストフィールドなどがあります。これらに対してユーザが選択したデータをサーバーに送信し、またサーバー側でそれを処理するために利用される要素です。

formの記述の例

<form action="http://example.com/form" method="post" target="_blank">
  <input name="your-name" type="text" value="" placeholder="Your Name" required>
  <input type="submit" value="SEND">
</form>

 


formタグで利用可能な属性

この要素で利用可能なタグ属性とその値についてです。

Attribute Value Description
accept-charset utf-8などの文字コード フォーム送信時のデータの文字コードを指定します。
action URL フォーム送信先のURLを指定します。
autocomplete on
off
フォームの入力値の自動機能のオン・オフを指定します。デフォルトではオンです。
enctype 右セル内に記載 フォームデータのエンコーディングタイプを指定します。取りうる値は、
application/x-www-form-urlencoded (Default)
multipart/form-data
text/plain
method get
post
フォーム送信時のHTTPリクエストを指定します。
name 任意の文字列 フォームのname値を指定します。
novalidate 値なし フォーム送信時にデータのバリデーションを行わないようにします。
target _blank
_self
_parent
_top
フォーム送信時にデータのバリデーションを行わないようにします。
閉じる