HTMLタグ辞典

実践に役立つオリジナルHTMLタグ辞典。
HTMLタグ

html

HTMLタグの使い方

<html></html>で囲んだ,「html要素」は、HTMLドキュメントのルート(最も外側の要素)を構成します。通常は、DOCTYPE宣言の直後から、ドキュメントの最後囲み、その内部にhead要素とbody要素を一つずつ内包する事になっています。

また、特別な場合(#1)を覗いては、このタグは省略する事も可能ですが、一般的なHTMLドキュメントにおいて、省略されることは稀です。

(#1)もしhtml要素の中身が、コメント要素(<!-- コメント -->)で開始、もしくは終了する場合は省略できません。

lang属性

HTMLファイルが対象とする言語を明確にするため、「lang属性」の指定が推奨されています。これにより、言語の解釈が明確になる事で、音声読み上げツールや、翻訳ツールの言語認識を助けるだけでなく、検索エンジンの理解を助けることで、SEO(Search Engine Optimization)観点の改善が期待できます。


htmlタグで利用可能な属性

この要素で利用可能なタグ属性とその値についてです。

Attribute Value Description
lang リストを参照 ドキュメントの言語を指定します。検索エンジンや読み上げ機能が、ファイルの言語認識しやすくなります。その値は「BCP 47 language tagに基づきます。lang属性は、グローバル属性(=すべての種類のタグに付加できる属性)ですが、通常はhtmlタグに付加し、ドキュメント全体の言語を指定するために使用する事が多いです。
manifest URL アプリケーションキャッシュのURLを入力します
閉じる