Gitコマンド

実践で役立つ、分かり易いGitコマンド解説。
Gitコマンド

git fetch

ブランチ、タグなどの参照をリモートブランチから取得します。

git fetch の概要

ブランチ、タグなどの参照をリモートブランチから取得します。また、そのために必要なオブジェクトは全て取得します。この時、ローカルのリモート追跡ブランチが更新が反映されます。

リモートは指定しなければ、デフォルトで origin をターゲットとしますが、もし現在のブランチの上流ブランチが設定されていれば、対応するレポジトリから取得します。

とくに、リモートの統合用のブランチ master から新しいトピックブランチを派生させる場合は、一度 git fetch を実行して、必ず最新状態を確認してから開始するように注意を払うべきです。

もし何らかの理由で、誤ったmaster の状態からブランチを派生させてしまうと、トピックブランチの変更をmasterに統合する際に、問題が発生してしまう事があるからです。

git fetch の実行は、ローカルの開発ブランチに影響をあたえることはありません。常にリモートの最新をみて置けるよう、十分頻繁にかつ気軽に実行してよいコマンドといえます

 

その他のオプション

git fetchで利用可能な主なオプション

オプション 詳細
--all すべてのリモートから取得します。

Git公式ドキュメント

Git公式ドキュメント「git fetch」へのリンクです。

閉じる