よく分かるGit入門

実践で役立つ、分かり易いGitコマンド解説。

git init

空の Git レポジトリを作成します。

git init の概要

空の Git レポジトリを作成します。すなわち、現在のディレクトリに .git という名前のディレクトリを生成し、その中に主要なGit システムのファイル群を生成します。実際に .git ディレクトリの中を覗けば、少なくとも以下のようなディレクトリが確認できるはずです。

  • objects
  • refs/heads
  • refs/tags

もしconfig ファイルに、環境変数 $DIT_DIR を設定していれば、指定したディレクトリに .git を生成します。

主要なオプション

--separate-git-dir=<git dir>

通常は git init を実行したディレクトリか、$GIT_DIR で指定されたディレクトリに .git を生成しますが、このオプションにより、特定のディレクトリを指定する事ができます。

関連する git コマンド

git --config

Git レポジトリの初期設定に利用します。

その他のオプション

git initで利用可能な主なオプション

オプション 詳細
-q
--quiet
エラーと警告のみ出力します。
-bare .gitディレクトリを作成せず、そのままgit関連のファイル群を展開します。
--separate-git-dir={git dir} 指定したディレクトリに.gitディレクトリを生成します。

Git公式ドキュメント

Git公式ドキュメント「git init」へのリンクです。