Gitコマンド

実践で役立つ、分かり易いGitコマンド解説。
Gitコマンド

git log

コミットログを表示します。

コミットログの一覧を表示します。

オプションをうまく駆使することで、閲覧したいフォーマットを変更できます。

使用例

一行で閲覧します。

git log --oneline

参照をふくめて、履歴のツリーを表示します。リモートのブランチを含めて

git log --oneline --decorate=full --all --graph

index.phpの変更だけを一覧します。

git log index.php

よく使うオプションは、シェルに登録してしまうと良いでしょう。bashであれば。~/.bashrcに書きこみます。

# git ツリーを表示する
gitl git log --oneline --decorate=full --all --graph

主要なオプション

--name-only

ログの後に変更したフィアルを表示します。

参考

gitBookに詳しいチュートリアルがあり、日本語で公開されています。

 

 

その他のオプション

git logで利用可能な主なオプション

オプション 詳細
-p 各コミットのパッチを表示する
--word-diff 変更点を単語単位で表示する
--stat 各コミットで変更されたファイルの統計情報を表示する
--shortstat --stat コマンドのうち、変更/追加/削除 の行だけを表示する
--name-only コミット情報の後に変更されたファイルの一覧を表示する
--name-status 変更されたファイルと 追加/修正/削除 情報を表示する
--abbrev-commit SHA-1 チェックサムの全体 (40文字) ではなく最初の数文字のみを表示する
--relative-date 完全な日付フォーマットではなく、相対フォーマット (“2 weeks ago” など) で日付を表示する
--graph ブランチやマージの歴史を、ログ出力とともにアスキーグラフで表示する
--pretty コミットを別のフォーマットで表示する。オプションとして oneline, short, full, fuller そして format (独自フォーマットを設定する) を指定可能
--oneline シンプルな1行だけのフォーマット。--pretty=oneline --abbrev-commitと同じ意味の便利なオプション
-(n) 直近の n 件のコミットのみを表示する
--since, --after 指定した日付/時刻以降のCommitDateのコミットのみに制限する
--until, --before 指定した日付/時刻以前のCommitDateのコミットのみに制限する
--author エントリが指定した文字列にマッチするコミットのみを表示する
--committer エントリが指定した文字列にマッチするコミットのみを表示する

Git公式ドキュメント

Git公式ドキュメント「git log」へのリンクです。

閉じる