Gitコマンド

実践で役立つ、分かり易いGitコマンド解説。
Gitコマンド

git push

リモートレポジトリの状態を参照情報を、ローカルの参照情報で更新します。

git push の概要

リモートレポジトリの参照情報を、ローカルの参照情報で更新します。必要なGit オブジェクトはすべてリモートに送信されます。

主に、あなたが手元で、ローカルブランチを更新した後に、そのコミットをリモートの共有されたレポジトリに反映する時に使います。

主要なオプション

-f, --force

もしローカルの参照情報が、リモートのそれを上書きするような場合は、push は中断されます。このオプションにより、強制的な上書きを実行することができます。

-u, --set-upstream

もしpush が成功すれば、対象のリモートブランチを、ローカルブランチの上流ブランチとして設定します。

--delete

リモートにあるブランチを削除します。この操作は「git push <repository> :<branch name>」と同義です。コロンは「<ローカル>:<リモート>」という用に push 対象を指定すますが、コロンの前を空文字にする事で、空をpush、すなわち削除するというリクエストと解釈されるからです。

Git公式ドキュメント

Git公式ドキュメント「git push」へのリンクです。

閉じる