開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

gitでブランチ名を変更するコマンドと、付随する操作まとめ

最終更新:2017-07-03 by Joe

gitでブランチ操作を始めると、最初に気になってくるシリーズ。

ブランチ名の変更と、付随する操作です。

ローカルブランチ名を変更するgitコマンド

ローカルにあるブランチ名を変更します。

わかりやすさのために、ここでは、ブランチ名を「new-branch」と変更しますね。

この名前変更したローカルブランチを、リモートにpushしておきましょう。「リモートブランチの名前を変える」といったコマンドはありません。リモートレポジトリーは「操作する」対象ではなく、いつも「追跡する」対象ということのようです。

-u は「--set-upstream」のショートハンドです。

upstreamは「上流ブランチ」の略です。リモートのnew-branchと、ローカルのnew-branchを関連付けておくと、「git push」とコマンドするだけで、該当のブランチにPushできるようになったりします。

リモートブランチを削除するgitコマンド

ここまでの操作では、まだリモートに古いブランチ名「old-branch」が残ってしまっています。これを削除します。

:my-old-branchというのは、コロンの前に本当はローカルブランチ名が来るはずなのですが、カラ文字なので、<空>をPUSHするという意味になるようです。

リモート追跡ブランチを削除するgit コマンド

古いブランチのリモート追跡ブランチもローカルに残っているはずですので、こいつも消してやります。

「-r」 は「--remotes」のショートハンドですね。git branch は基本的にローカルのブランチを操作するコマンドです。

以上です。

うまく、ブランチ名を変更できたでしょうか?

git ブランチ名の変更に関する参考