開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

gitignoreしたファイルをトラッキング対象から外す

最終更新:2017-07-03 by Joe

.gitignoreに記載したのに、無視されてる?反映されてない?となる方のためのTipsです。

.gitignoreについておさらい

.gitignoreは、「git addした時に、その対象から外す」ための設定ファイルです。(git add で、-fをつければその限りではありませんが)

ですので、後から.gitignoreにファイル名に書き込んでも、indexにファイルが残っているため、管理対象から外れたわけではないのです。

これでは、いつまで経っても、git statusなどに登場し続けて、存在が残ってしまいます。

ファイルをgitの管理対象から外す

これを断ち切るためには、以下のコマンドです。

// インデックスからファイルを削除する
git rm --cached <ファイル名>

--cachedオプションがない場合は、作業ツリーからもファイルが削除されます。残しておきたい時は--cachedをつけましょう。

これで、完全にignoreできるようになりました。

 

 

閉じる