開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

git diff でファイル名だけを表示するオプション

最終更新:2017-07-03 by Joe

git diffにおけるファイル名の表示オプションです。

git diffで、ファイル名だけを比較する

差分が生じたファイルの、ファイル名の一覧を表示します。

// git diffで、ファイル名だけを比較する
git diff --name-only <ブランチ名>

git diffで、比較するファイルを限定する

// 比較するファイルを限定する
git diff <コミット名> <コミット名> ―― <ファイル名>

「ファイル名」と書きましたが、実際は「パス」(ディレクトリ名など)を指定して、比較する範囲を限定できます。

ついでに、似たような結果を得られるのがこちら:

// パスやファイル同士を比較する
git diff <コミット名>:<ファイル名> <コミット名>:<ファイル名>

一般的にGITにおいて、指定する<コミット名>の代わりに、<コミット名>:<ファイル名> とすることで、範囲を限定したオブジェクトを指定することができます。これを利用して、git diffにおいても、比較対象を限定するというケースですね。

git diffの参考リンク

手前味噌ですが、git diffのよく使うオプションについて詳しくまとめました。お時間のある方は、ぜひご覧ください。

あと、一応、git objectの指定方法に関する参考文献です。

 

閉じる