開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

git commit のオプションと基本操作のまとめ。

最終更新:2017-07-10 by Joe

git で最も基本的なコマンド「git commit」の動作仕様とオプションをおさらいしつつ、使用事例をかんたんにまとめます。そもそも git commit はトリッキーなコマンドでもないので、基本使用のおさらいという温度感です。予めご容赦下さい。

追跡対象ファイルの変更を、全てコミット

作業ツリーで、変更したファイルを全部コミットする時です。ただし、すでに Git の追跡対象に入っているファイルのみを対象とします。

// 作業ツリーの追跡対象ファイル全てをインデックスに追加し、そのすべてをコミットする
git add -a
git commit 

// 上と(結果的に)同義
git commit .

特に「.」は入力が簡単で早いので、重宝します。

新規に追加したファイルは、明示的に git add するか、もしくは下記のオプションを使います。

作業ツリーのファイルの変更を、全てコミット

まだ追跡対象でない、新規追加ファイルも含めてすべてステージングし、コミットする時です。

// 作業ツリーの追跡対象ファイル全てをインデックスに追加し、そのすべてをコミットする
git add -A
git commit 

// 上と同義
git add .
git commit 

-a(--all)と-Aが振る舞いが違うのが紛らわしいですので、実際は、入力が簡単な、「.」を使うことが多いと思います。

また、.gitignore に記載したファイルは、git add コマンドでステージすることができないので注意が必要です。

直前のコミットを訂正する

こちらも非常によく使うオプションです。直前のコミットを修正します。

// 上と同義
git commit --amend .

もし修正前のコミットをpushしてしまっていれば、訂正したコミットを改めてpushしたとき、コンフリクトします。

でも、push -f オプションで強制的に push することもできます。

コミットメッセージを直に入力する

コミットメッセージを同時に入力し、エディタを開くことなく、素早くコミットを作成します。手早くコミットしたい時に利用するオプションです。

// コミットメッセージを入力
git commit . -m 'Fix the form bug.'

参考

 

閉じる