開発ブログ
Git、CSS、HTML、正規表現など、入門者がつまづきそうなポイントを中心に、役立ち情報発信します。。

ブランチを指定して git push する方法

最終更新:2018-11-06 by Joe

ブランチを指定して git push する方法についてです。

git push のブランチ引数について

最も基本的な git push コマンドは、下記のようなものです。これはローカルブランチ名を指定し、その上流ブランチにPushするものでした。

// ローカル master ブランチを originにある上流ブランチに push する。
git push origin master

もしまだ上流ブランチが設定されていなければ、ローカルと同じ名前のブランチに PUSH されます。

上流ブランチ?

蛇足ですが、最も簡単な上流ブランチの設定方法は「-u (--set-upstream)」オプションです。「上流ブランチ」についてよくわかっていない方は、こちらにまとめましたのでご覧ください。

ブランチを指定して git push する方法

さて、上流ブランチ「: (コロン)」を使えば、ローカルブランチだけでなく、リモートブランチ名を明示的に指定することもできます。

// ローカルの my-master ブランチを、origin 上の master ブランチに push する
git push origin my-master:master

コロンの応用

下記のコマンドで、リモートブランチを削除することができます。コロンの前に何も指定しないことで、「空」をpush する、という意味合いになります。

// リモートの feature/a を削除する
git push origin :feature/a

リモートブランチの削除について、関連記事です:

git push の参考情報

git push について詳しくまとめています。

閉じる