HTMLタグ辞典

実践に役立つオリジナルHTMLタグ辞典。
HTMLタグ

meta

meta要素の役割

headタグの内部に配置し、HTMLドキュメントのメタ情報を記述します。name属性により、その役割を定義しますが、一般的なメタ情報は、description(ページ説明)、keywords(ページのキーワード)、viewport(ページの表示仕様)などです。

よくあるmetaフィールドの例

一般的には、charset, description, viewport は書いておいたほうがよいでしょう。keywordsは、記述しても良いですが、Googleなどの一般的な検索エンジンがこのフィールドを利用することはありませんので、特別な理由がなければ、書かなくてもよいでしょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="description" content="HTMLタグの使い方を完全ガイド">
  <meta name="keywords" content="HTML,CSS,tag,reference">
  <meta name="viewport" content="width=devide-width,initial-scale=1,user-scaleble=0">
</head>
<body>
  ...
</body>
</html>

 


metaタグで利用可能な属性

この要素で利用可能なタグ属性とその値についてです。

Attribute Value Description
charset 文字コード 文字コードを設定します。utf-8でファイルを作成し、この値に「utf-8」と記述するが一般的ですが、開発環境の理由で、shift-jisや、 euc-jpなどを設定する事があります。(テキストエディタによっては、保存時の文字コードを選択できます。)
閉じる