開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

Macで絵文字の入力方法、徹底まとめ!

最終更新:2017-06-11 by Joe

Macで絵文字の入力方法についてです。

Macで絵文字一覧を呼び出すショートカット

早速行きます。

キーボードの「Cmd + Control + Space」を同時に押すことで、絵文字ウィンドウを表示できます。

// 絵文字ウィンドウ表示するショートカット
Cmd + Control + Space

マックの日本語キーボードではこのように配置されています。各キーがそれぞれちょっと遠いのが難点ですが、両手でえいやーっと押して下さい。

絵文字の出し方(ショートカット)

上記のショートカットキーから、こんな感じでミニウィンドウが立ち上がってくれるので、あとは選んで入力するだけです。

マックの絵文字パレット

「最近使った履歴」や、「お気に入り」が上の方に来てくれるので、かなり高速に入力できるはずです。

なお、[tab] と[Shift] + [tab] でカテゴリーを切り替える事がもできます。これで素早く探せますね。

絵文字のタブ切り替え

ちなみに、マック上のアプリによっては、このショートカットキーが使えないことがあります。例えば、Lineアプリは試した所動作しませんでした。アプリによっては、キーボードの入力をアプリがインターセプトしているため、その入力がMacOSに伝わってないせいだと思います。

そんなときは、下記のツールバーから絵文字ウィンドウを起動できます。

ツールバーから絵文字ウィンドウを開く

ツールバーからであれば、いつでも絵文字ウィンドウを起動できます。Macのツールバーの文字入力のアイコン(画面の右上の方)を開き・・・

絵文字パレットの出し方

「絵文字と記号を表示」をクリックすると・・・、こんな大きめの絵文字ウィンドウが開きます。(※もしツールバーにこの項目が存在しなければ、「システム環境設定 > キーボード > キーボードタブ 」と進み、「メニューバーにキーボードビューワを表示」がチェックされているかどうか確認して下さい)

Macの絵文字パレット

このままクリックしたり、カーソルをあわせてEnterキーを押しても、入力が可能ですが、連続で入力できなかったりして、少し使いにくいです。

そんなときは、上の紫でハイライトした、ボタンをクリックすれば「入力モード」に変更できます。

入力モードでは、下のような小さなウィンドウに変更され、連続で入力できるようになります。

絵文字パレット入力モード

ちなみに、上記のパレットを表示している間は、「Cmd + Control + Space」ショートカットキーが動作しないので、注意が必要です。

まあショートカットを忘れなければ大丈夫ですね、体で覚えましょう。

お気に入り登録して素早く入力!

もうお気づきの方も多いと思いますが、大きいウィンドウの方に、「お気に入りに追加」ボタンがあります!

絵文字のお気に入りへの登録

これを押せば、「お気に入り」に登録され、ミニ絵文字ウィンドウでは、上の方に表示されてくれます。これで完璧ですね。

閉じる