開発ブログ

WWWクリエイターズが送る、Git、CSS、HTML、コマンドライン、Macの便利機能など、開発に関する役立ち情報発信します。気まぐれに更新。

MacOSにPHP7をインストール。Apacheで使う設定。

最終更新:2017-06-01 by Yasu

MacでPHP7をインストールします。

最初homebrewを使ったのですが、アパッチから動かすところで、ちょっと躓いたので共有します

MacにPHP7をインストールしよう

Homebrewじゃないほうがいい(かも)

いきなりですが、homebrewを使うとつまずきます。「こういう記事」もありますが、apacheのhttpd.confにおいて、homebrew経由のモジュールはうまくモジュールを指定が(現在の所)できないようです。

英語ですが、同じようなつまづきポイントに関する記事があります:

http://stackoverflow.com/questions/39456022/osx-php7-apache-not-working

詰まるところは、「Homebrewを使ってphp7をインストールしても、アパッチのモジュール指定ができないので、apacheから利用できない」ようです。

Macプリインストールの仕組みでPHP7を使おう!

Mac OSには、プリインストールのPHPモジュールがあります。こちらをアップデートするようにして使うのが良いようです。

/usr/local/の直下にインストールされますよ。

/php5-5.6
/php5-5.7
/php5-7.01

などというディレクトリが、バージョンアップのたびにどんどん追加されているはず。ディレクトリの名前がややこしいなあ・・。

詳しくはこちらをご覧ください:

https://jason.pureconcepts.net/2016/09/upgrade-php-mac-os-x/

Apache, MySQLなどの設定も忘れずに

さて、インストールを成功させると、無事、PHPが新しいモジュールになります。上記のインストールを実行したあとは、自動的に、/usr/local/phpのシンボリックリンクが最新のPHPモジュール「php5-7.xxxxxxxx」を指すようになるはずです。

PHPと連携するSQLの設定なども忘れず、php.iniの場所を確認しておいて下さい。

特に注意が必要なのは、

  • SQL のsocketディレクトリ
  • SQLポート

筆者の場合、SQLだけはなぜかMac Portでインストールしているものを使っていて、違う場所にあったりして、しょっちゅうソケットの設定ディレクトリが食い違ってでエラーになります。^^;

アパッチがどのPHPを参照しているかわからないときは、php -i phpinfo()から探すか?もしくは、適当なローカルファイルに、<?php phpinfo(); ?>と記述したファイルをブラウザから読ませて下さい(筆者はこっちの方が、画面上検索できるし、読みやすい)

設定を変更後は、最後はアパッチを再起動して、動くはずです。

以上です!

閉じる