開発ブログ
Git、CSS、HTML、正規表現など、入門者がつまづきそうなポイントを中心に、役立ち情報発信します。。

ブログ向けWordPressテーマ、おすすめ7選。2018年版

最終更新:2018-03-18 by Joe

ブログを書くのであれば、はてブにアメブロ、選択肢はいくつもありますが、WordPressはやっぱりおすすめナンバーワンです。今回、最新のブログ向けのおすすめWordPressテーマをピックアップしました。

ブログ用のWordPressテーマの選び方

もともとブログ向けのシステムとして開始したWordPressですので、ブログに適したテーマは豊富に公開されています。

WordPressテーマを選ぶ際のポイント

  1. モバイルレイアウト対応の対応状況は?
  2. AdSenseなどの広告利用掲載はあり?なし?
  3. デザイン(見た目)?
  4. 日本語で操作できる?

1モバイルレイアウトの対応状況は?

今となっていは公開されているほとんどのWordPressテーマはモバイル向けのレイアウトは対応されていますが、その品質はさまざです。書こうとしているブログの内容にもよりますが、モバイルで検索されるようなワードからユーザが訪れる場合は、ほとんどのユーザはモバイルで閲覧することになります。テーマを選ぶ際は必ずチェックするようにしましょう!

2広告掲載の機能は?

もしAdSenseやアフィリエイトの広告を掲載予定であれば、サイドバーの有無や、広告が挿入できるエリアがどこかについてチェックしましょう。

3デザイン(見た目)は?

最も選択肢が広く、決めるのが難しい見た目のデザイン。ここもこだわってもよいですが、迷いすぎても始まらないので、なんとなくフィーリングがあうものがあれば、始めてしまうのも良いでしょう。いったん開始して、もし収益化がうまくいったら、その後でデザイン変更を誰かに依頼するのも、進め方としては悪くないのではないでしょうか?

WordPressテーマの詳しい選び方は、こちらにもまとめています。

4日本語で操作できる?

こちらは気にするユーザも多いと思います。英語がどうしても拒否反応が出てしまう方は、やはり日本語で探すべきでしょう・・。

しかしながら、実は筆者としては、そこまで日本語対応にこだわる必要はないと思ってます。どうしても操作に慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、おおくの操作は、高校レベルの英語がわかれば、ある程度対応できるのではないでしょうか。(困ったときはGoogle翻訳もあります)

むしろ、日本語に関する成約をはずしてしまったほうが、テーマ選択の幅はぐっ〜と広がりますので、英語の難しさを上回るメリットがあるのも事実なのです。世界的なWordPressテーマ販売を行っている ThemeForest では、国内で見つかるテーマとは比べ物にならない数のテーマが見つかります。

すべてのテーマは、サイト上でしっかりテーマのデモも見られますので、もし予算がある程度確保できるのであれば、こちらをおすすめします。

ブログ向けWordPressテーマ、おすすめ7選!

さて、それでは早速、おすすめのテーマを紹介していきます。

1国産の人気ブログ向けWordPressテーマ「ストーク 」

有料:¥10,800

ブログ向けおすすめWordPressテーマ:ストーク

Open Cage者が配布する、国内で最も人気のテーマの1つです。AdSense広告枠の挿入機能が最初から付随していますので、広告を設置したい場合、このような予め広告のサポートがあるテーマを選ぶことをおすすめします。Open Cage社では、同様のテーマで機能レベルが異なるものが3種類販売されています。価格もそれぞれ異なりますので、比較して自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

こちらのテーマは非常に人気があるので、他のサイトとかぶってしまうことがあるかもしれません。気になる人は注意しましょう。

2アフィリエイトに人気の日本製テーマ「Stinger」

無料(有料版もあり)

ブログ向けテーマ:Stinger

こちらも国内で有名な無料テーマの1つです。広告周りは一通りサポートされいてるので、デザイン性はそこまで高くないですが、開始する最初のテーマとしは、間違いはないでしょう。

同社からにStinger Pro, Affinger という上位版テーマが配布されています。上位版は有料ですので、無料で開始して、収益が上がったら上位に切り替えるのもステップとしてスムーズでしょう。

3WordPress公式テーマ「Twenty Seventeen」

無料

ブログ向けWordPressテーマ

ブログ向けテーマは、やはり読みやすく、書きやすいシンプルなものがおすすめです。WordPress.orgでは、毎年必ず最新のテーマを1つ、その年の名前でリリースしています。こちらは2017年度版、という事で、WordPress公式テーマです。

いつも最新のWordPressに完全に準拠しており、最もプレーンな実装となっています。特にデータに関して強くコンパチビリティを遵守しており、他のテーマへの切替時に、そのデータの移行において、このテーマが原因で問題が発生することはないでしょう。

4ミニマルでクリーンなブログテーマ「Authentic」

有料:$59.00

ミニマルなブログテーマ:Luxe

さて、こちらはThemeForest からブログテーマの紹介です。ミニマルデザインで、クリーンな印象のテーマです。レイアウトの選択肢も豊富で読みやすいレイアウトを設定できるでしょう。また、カスタマイズ性はダントツで高く、1つのテーマで9つのデザインの中から選ぶことができます。

デモはこちらです

5柔らかいデザインのWordPressテーマ「Rosemary」

有料:$49.00

優しいブログテーマ:Rosemary

デザインの優しさとや柔らかさが目を引くテーマ、Rosemaryです。レイアウトもスタンダードで、広告枠も用意されているので、間違いないテーマと呼べるでしょう。

ライブデモはこちら:

6女性向けブログテーマ「Highfill」

有料: $49.00

女性向けのメディアサイトであれば、特にビジュアル(見た目)デザインを意識するべきでしょう。女性らしいデザインを集中的に扱っているテーマ開発会社もあります。代表的なものをご紹介します。

女性向けブログメディアのWordPressテーマ:Highfill

こちらは日本語サポートは無いですが、世界的なWordPressテーマのマーケットプレイス「ThemeForest」で Highfillを配布するEletelayers もその1つです。今回Highfillをご紹介しましたが、女性向けテーマを各種配布しています。

こちらのデモページからは、Eletelayersが制作した種々のテーマもプレビューできます。いずれも女性向けのテーマですので、比較して検討すれば好みに合うものが見つかるかもしれません。

7スタンダードなブログテーマ「TWIRL」

有料:$29.00

スタンダードなおすすめのWordPressブログテーマ#5

こちらもシンプルでミニマルなデザインで、スタンダートなレイアウトがぴったりとハマる、使いやすいテーマです。価格が控えめなもの嬉しいところです。

 


おすすめのブログ向けWordPressテーマについては、以上になります。お気に入りのブログテーマが見つかるといいですね。

それでは、

 

閉じる