margin

要素の4辺全てにマージン(余白)を指定するショートハンド。

margin-top

要素の上辺にマージン(余白)を指定します。

margin-right

要素の右辺にマージン(余白)を指定します。

margin-bottom

要素の下辺にマージン(余白)を指定します。

margin-left

要素の左辺にマージン(余白)を指定します。

width

ブロックレベル要素の横幅を指定する

height

ブロックレベル要素の領域の高さを指定します。

min-width

要素の幅の最小値を指定します。

min-height

要素の高さの最小値を設定します。

max-height

要素の高さの最大値を指定します。

display

要素の表示形式を指定します。

right

要素の基準位置の右からの距離を指定します。

left

要素の基準位置の左からの距離を指定します。

top

基準位置の上からの距離を指定します。

bottom

基準位置の下からの距離を指定します。

position

要素の配置方法を指定します

z-index

要素の重なり順を指定します。

background

要素の背景画像に関するスタイル一度にまとめて設定するためのショートハンドです。

background-image

要素の背景領域に、画像やグラデーションを設定できます。

background-attachment

背景画像がviewport によって固定されるか、スクロールするるかを設定できます。

background-clip

要素の背景が、要素のボーダーとパッディングの領域まで拡大されるかどうかを定義します。

background-color

要素の背景色を設定します。背景色を指定するには、RGB値や、CSSで認められている色名を指定するなど、種々の方法があります。

background-origin

背景の描画における座標空間の原点を設定できます。

background-repeat

背景画像の描画における繰り返しを設定します。背景画像をX軸(横方向)とY軸(縦方向)に対してそれぞれ繰り返すように描画されるかどうかを設定できます。

background-size

要素の背景のサイズを指定できます。

padding

要素の4辺全てにパディング(内部余白)を指定するショートハンド。

padding-top

要素上部にパディング(内部余白)を指定します。

padding-right

要素右部にパディング(内部余白)を指定します。

padding-bottom

要素下部にパディング(内部余白)を指定します。

padding-left

要素左部にパディング(内部余白)を指定します。

white-space

要素内の「空白文字」をどのように扱うかを定義できます。空白文字とは「半角スペース」「タブ」「改行」などの総称です。