CSSリファレンス

実践向けCSSリファレンス

フォントをスモールキャップで表示する font-variant

概要

CSSプロパティ「font-variant」は、フォントをスモールキャップにすることがきできます。スモールキャップというのは欧文などの小文字が小さな大文字の形で表示されることをいいます。

<p class="font-variant">
abcdefg,ABCDEFG
</p>
<style>
.font-variant {
  font-variant: small-caps;
}
</style>

値の指定方法

{ font-variant: 値}
説明
normal初期値です。フォントは変換しません。
small-caps小文字を小さめの大文字に変換します

プロパティの種類について

「font」プロパティで指定できるそれぞれの値の一覧です。詳細は各ページを参照してみてください。

プロパティ名説明
fontフォントに関する指定をまとめて行うショートハンドプロパティ
font-styleフォントのスタイルを指定する
font-variantフォントのスモールキャップ指定する
font-weightフォントの太さを指定する
font-sizeフォントのサイズを指定する
font-familyフォントの種類を指定する
font-size-adjustフォントのサイズを調整する
font-stretchフォントを縦長・横長にする

使用例

<p>※指定なし</p>
<p>Hello, World!!</p>
<p>※英文にsmall-capsを指定してみます</p>
<p class="small-caps">Hello, World!!</p>
<style>
.small-caps {
  font-variant: small-caps;
}
</style>

仕様書

関連CSSプロパティ

閉じる